猫の日向ぼっこは奥深い

ドッグ立ちにはお家を選んだり、好きな食べ物を選んだり、したいことを好きな時間にするなどの自由が一切ありません。

飼い主に出来ることといえば、言葉を発することができないいぬの身になって一生を全うさせてあげることが大切です。

群れで活動するドッグにとってペットオーナーはリーダですが、本来単独で活動するねんねこにはそういった認識はありません。

にゃんこにとって飼主とは、ひと言でいえば、多彩なことをしてくれる気安い同居人という思いでしょうか。

にゃんこ同士にも相性があります。

野生のニャンニャンの場合には領分が宏大なので、いけ好かない相手がいれば接触をすり抜けられますが、限られた空間で生きる室内飼いニャンコの場合にはそんなにうまくいきません。

わんこは人につき、ねこは家宅につくといわれますが、これはにゃんにゃんがあなたの縄張りを何をさておいても大切にし、環境の変移を気に喰わないことを記した言葉です。

にゃんにゃんのこの性格は、野生時代から叩き上げられた定め事です。

夕刻や夜更けになると部屋中を激しいスピードではしゃぎまわったり家具の上に飛び乗ったりするキャットはすくなくありません。

緊迫状態や運動不足から起こる異常な行為ではと気にかける方もいると思いますが、これは多くのネコに見られるごく自然な動きです。

ニャンニャンは基本的にあなたの感じで触られるのを好むので、くどくなでられるのを嫌がります。

また、触られるのが好きなにゃんにゃんでも、だらだらとされるとコミュニケーションを取りたがらなくなってしまうので、なで方のポイントを理解しておきましょう。

イヌが病気になってしまったときは、その症状の改善や進行を繰り延べるためにも、動物病院で販売されている特別療法食をあげることが必須となります。

これは義務ではありませんが、犬に少しでも長く生きてほしいと思っているなら、特別療法食を与えることが現在の段階では最良の選択です。

野生のわんこは、集団で生活し、共同で獲物を掴まえ、大群内の社会的順位に則して獲物を分配して食べていました。

獲物を毎日捕獲できるとは限らないので、一編に沢山の食事をとる、いわゆる食い溜めをしていました。

ニャンコにキャットフードをあげても食べずに、砂をかけるような素振りをしてばらまきます。

ご飯が気に食わないの?と心配になってしまいますが、これはにゃんにゃんの本能による行動で、この特異性は排泄物だけでなく、似たようなニオイに対しても現れるのです。

にんげんと同じように、わんちゃんにも栄養のバランスは大変重要で、ドッグフードの質においては価格だけで決まるわけではなく、高いからクオリティが良い、安いから危ない、というわけではありません。

飼主さんはそのフードの中に、どんなものがどのくらい入っているかをわかっておかなくてはダメです。

にゃんこは盛りだくさんの面持ちや動き、ボディーランゲージを活用して、私立ちに語り掛けています。

猫とのコミュニケーションを楽しむために、ネコ語をきちんと読み取りましょう。

様体が悪いわけでも、環境が変わったわけでもないのに大好物を予兆もなく食べなくなるケースも間々到来することがあります。

ねんねこは食べ物にこだわりが強いものですが、自然界では年中同じ獲物にありつけるとは限らないので、往々にしてちがう食べ物を必要とすることもあります。

慌ただしいときに限ってというのは飼主意見で、にゃんこにはそんなつもりは断じてありません。

慌しく歩きまわる飼い主の足に猟する本能が揺さぶられて、つい引っ付きまわったり、食らいついたりしてしまっただけのことです。

犬のおもちゃの殆んどは、飼い主さんがいないときに与えてしまうと危険性があります。

特に布で出来ているおもちゃは、すんなり破壊してしまい、ワンコだけの環境の中であげてしまうと、食べるつもりがなくても間違って飲み込んでしまうことがあります。

野生ではゲンキがない動物は真っ先に敵のえじきとなるため、病み患いやケガをした動物は敵に見つかりにくい安全な場に隠れて快復を待ちます。

この気質はにゃんこももっており、具合が悪くなると縁の下や物置などに身を隠すのでしょう。

メインクーン モグニャン